施術後編

脱毛後にやってはいけないことって?トラブルを避けるために気を付けたいこと

サロンやクリニックでお手入れをした後の肌はとてもデリケートな状態になっています。

炎症が起きやすいこともあるので、脱毛した部分の保湿は特に重要になります。

ここまでは、よく聞く話ですが他にも注意しなくてはならないことがあるか気になりますよね。

そこで今回は脱毛後になるべくやっていはいけないことをご紹介します⭐️

その1:「飲酒」

お酒を飲むと血流がよくなり、脱毛後にかゆみを感じやすくなることがあります。

最悪の場合は、脱毛の効果が薄れてしまうこともあるので、脱毛後の飲酒はなるべく避けるようにしましょう…!

その2:「体温が上昇すること」

体温が上昇することというのは、エステ・マッサージ・入浴・サウナ・スポーツなどをすることです。

体温が上昇すると、体内に熱がこもりやすくなり、赤みやかゆみなどの肌トラブルが発症してしまうことがあります。

肌を清潔に保つために、エステやマッサージなどもなるべく控えるようにしましょう。

その3:「予防接種」

前後10日以内は、体質によって体調を崩してしまう場合もあるので心配な方はなるべく避けたほうが良さそうです。

その4:「脱毛した部分の日焼け」

脱毛後の肌は敏感な状態になっています。その状態で強い紫外線を浴びてしまうと

炎症を起こすこともあるので注意が必要です。

日焼け対策には、日焼け止めを使用せずに帽子や日傘などで日焼け対策を行う方がおすすめです。

制汗剤の使用もなるべく避けるようにしましょう。

その5:「毛抜きを使った自己処理」

毛抜きは肌を痛める原因になります。

脱毛後に限らず、毛抜きでの自己処理は埋没毛などトラブルを起こす原因になるので

脱毛後は特に注意が必要です。なるべく触れずに自然に抜け落ちるまで待ちましょう。

その6:「脱毛した部位を締め付ける服装」

過度な締め付けは肌にダメージを与える場合があります。

肌が弱い方は特に気をつけるようにしましょう。

以上が脱毛後、特に注意すべきことになります。

大体脱毛直後を避けて、長くても1日置いてから以上のことをするようにしてください😷

油断せず、肌トラブルを起こさない安全な脱毛を目指しましょう!

 

もっと自分に合う脱毛サロン・クリニックを
脱毛診断で探す♪👇