準備編

脱毛当日だけど生理が終わりかけ…ナプキンをして行っても大丈夫?

脱毛当日だけど整理が終わりかけナプキンをしてもOK?

 

生理終わりかけに合わせて予約した脱毛当日。

まだ不安だからナプキンを付けていきたいけど

サロン・クリニック側からしてこれってOKなのかな?

と不安に思っている方🙋‍♀️

これからその不安を解消させていただきます!

はじめに

率直な答えから申しますと、

脱毛当日にナプキンを付けていくことは

 

A.大丈夫です!

ナプキンを当日付けて行くのは大丈夫です。

ただ、施術中は紙パンツに着替えることになるので

⚠️施術中に付けておくことはできません。

まだ生理が完全に終わっていないから施術中にナプキンを付けていたい

という方は、

生理中の施術扱いになるのでご注意ください。

 

生理中はどこのサロン・クリニックでも

VIOの施術はできません。

VIOの施術NG

 

ただ、サロン・クリニックによって

VIO以外の施術が可能かどうかは異なるため

ホームページやカウンセリングなどで確認してみてくださいね。

医師とのカウンセリングの様子

 

ちなみに、サロン・クリニックでは

生理中のVIO以外の施術が可能としているところが多いです。

VIO以外の施術が可能である場合、

ナプキンやタンポンを付けたまま自前の生理用ショーツを履いての施術になります。

(こちらもサロン・クリニックによっては異なりますので、事前にご確認ください。)

キャンセル料が発生したり、施術一回分消化になったりしてしまうので

なるべく施術を受けてしまいたい気持ちはわかりますが、

 

脱毛は生理が完全に終わってからの10日間がオススメ

です。

なぜなら

理由

1.生理中は肌が敏感な状態になっているから

2. 生理後の10日間はより効果が出やすいから

まず、生理前や生理中に脱毛をしてしまうと

肌トラブルを起こしてしまう可能性が高いです。

肌トラブルの心配

理由1

生理前は、ホルモンバランスが不安定になるため

生理前の段階でも肌が敏感な状態になっている場合があります。

PMS(月経前症候群)に悩まされる方も多いと思うので、

体調が万全でなかったりする場合は、

事前にサロンやクリニックに相談をしましょう。

 

生理がくると、生理前と比べてさらに肌が弱って敏感になります。

光脱毛だと毛根の細胞だけでなく

肌の常在菌など皮膚のバリア機能を担う細菌も死滅させてしまいます。

なので、施術によって肌トラブルを起こすリスクが高まるのです。

 

また、肌が敏感になることによって、

普段よりも痛みを感じやすくなったり、肌の赤みを生じやすくなることもあります。

普段から肌があまり強くない方は特に注意してくださいね。

 

生理中は、衛生面にも気を付ける必要があります。

生理中は経血など血液を介して感染症にかかることがあります。

脱毛の施術は一般的に手袋をして行われますが、

医療機関でないエステでは手袋をしないところもあるので

リスクが無いとは言い切れません。

脱毛施術の様子

一回分消化になるのが勿体無いからと

生理中に脱毛をしてしまうと思わぬトラブルを引き起こす可能性もあるので

十分気を付けましょう。

理由2

以上のように生理中の脱毛はトラブルを招く可能性があるため

生理が完全に終わってからの脱毛をオススメします。

生理後の10日間程は肌への負担が軽く

効果も感じやすくなるということもあります。

なぜならこの時期は、

女性ホルモンの代名詞ともいえる「エストロゲン」の分泌量が増えるため

肌ツヤや自律神経が安定しています。

肌の水分量も増えるため、

脱毛だけでなく肌のお手入れもぴったりの時期です。

まとめ

施術当日にナプキンを付けていくことは大丈夫!

ただ、施術中は紙パンツに着替えるので付けておくことはできません。

生理が終わってない状態で施術を受けることは可能です

が、

トラブルを招く可能性もあるので生理が完全に終わってからの10日間がオススメです!

たまに生理が終わっていないのにも関わらず

そのまま施術を受ける方がいますが、

脱毛サロンやクリニックの施術台や機械を汚してしまったり

施術者や次に脱毛をする人にも迷惑をかけてしまうことになります。

必ず事前にサロン・クリニック側に相談することを心がけましょう!

ABOUT ME
S
S
ズボラな性格で下調べをろくにせず脱毛の契約をしたら大失敗、、この経験から同じような失敗をして欲しくないという思いで記事を書いています。 多くの情報をわかりやすくまとめることを心掛けていますので、皆さんの脱毛選びに貢献できたら嬉しいです!